スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根補修工事

先日書いた築100年超のでっかい建物


屋根の谷樋の取替え工事



谷樋とは?


屋根と屋根が90度に合わさった所が斜めの水の流れになります


瓦から落ちてきた雨水を受ける板金の事を谷樋と言います


この板金・・


数年前までは『銅板』を使うのが当たり前でした


銅は柔らかく加工がしやすいためどんな形にでも出来るからです



がしかし・・・




ここ数年はこの銅板の谷樋からの雨漏りが急増


なぜか解りますか?



『酸性雨』


の影響なのです!


ご存知のように銅は酸に弱いのです


そしてこの銅板を使って谷樋を施行した場合・・


瓦から落ちてくる雨水は一定の場所に集中します


酸を含んだ雨水が銅板に穴を開けてしまうのです!!



俺の年間の工事でもかなりの数でこの銅板の取替え工事があります



それだけ数年前に比べて銅板の腐食が進んでいると言う事です!



さて本日もまずは既存の銅板の撤去


2010121514480000.jpg


かなり腐食がすすんでいました


そしてガルバ二ウム鋼板にて加工した谷樋を新設


7.jpg



ガルバ二ウム鋼板とは?


鉄や亜鉛などを複合させたかなり強い鋼板です


表面に焼付けの塗装を施しているため普通の鉄板に比べ腐食にはかなり強くなっています


これで雨漏りの心配もなく屋根の寿命も延びるでしょう



でも・・


この現場の屋根・・


普通の屋根じゃない


明治時代に建てられたお寺さんのような建物


『唐破風』と呼ばれる名前で

屋根が湾曲してますの・・(泣)


6.jpg



やりにくいったらありゃしねーー


Y(>_<、)Y ヒェェ!


でもなんとか施行を終えました


お施主さん


安心して下さいね



これから何十年もの間雨漏りの心配はありませんから



みなさんのお宅でも・・


もし屋根に銅板を使ってたらご注意してくださいね














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
プロフィール

宮本貴生

Author:宮本貴生
ティーホームズのブログへようこそ

日々の仕事の事や感じた事を書いて行きます!

コメント頂ければうれしいっす!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロマガ購読者向けメールフォーム
ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。