スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手住宅メーカーの裏側 ~闇の暴露~ S水ハウス その2



『なんじゃこりゃぁぁ!!』






一瞬屋根がどんな状態になってるのか理解出来なかった・・



冷静に判断すると



なんと瓦が激しくズレている!!



全体ではなく棟際(むねぎわ)


つまり屋根の一番頂点の部分の瓦が横一列すべて下にズレている・・



文字だけでは解りにくいので・・



図に書いて説明します



(汚い絵ですみません・・)


通常屋根瓦は軒先(下)から葺く



屋根地と瓦の寸法(瓦割り)


は必ずしもぴったりにはならない



必然的に頂点の瓦は切断して寸法を調整する



CIMG0546.jpg



通常の施行では


瓦の上部の釘穴が無くなるので・・


手間はかかるが新たに穴を開け釘止めするか針金で固定



しかしこの屋根の瓦は・・





なんと切断した瓦を横並びの部分に少しだけ



『コーキング』



で接着していただけだった


CIMG0548.jpg


屋根は当然勾配がある


上部が固定されていない瓦は必然的に下にズレる



ご丁寧に横並びの部分を全て接着しているため


頂点の一列全てが10センチほど見事に下にズレていた・・・




CIMG0547.jpg


当然ズレた部分は雨ざらし・・



見るも無残な状態だった



瓦の下には


『ルーフィング』


と言われる防水シートを施行している



しかし何年にも渡り雨ざらしの状態の為腐敗していた


当然屋根地の木材も腐敗・・



ただかろうじてルーフィングにより激しい雨漏りはしていなかった




(後で屋根裏を確認したら何ヶ所か形跡はあり)







俺は取り敢えずこの状況をカメラに収めた


そしてお施主さんにも屋根に上がってもらい状況を説明



塗装どころの問題ではなく


屋根地ごと取替えなければならない事を説明した



お施主さんも顔が青ざめる・・・



『何でS水ハウスがこんな手抜きを?』



それは俺にも答えようがなかった



とにかくこの状況は放っておけない



まずはS水ハウスにも連絡をしなければ・・・




俺は写真をプリントアウトして営業所へ向かった





   (続く)








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
プロフィール

宮本貴生

Author:宮本貴生
ティーホームズのブログへようこそ

日々の仕事の事や感じた事を書いて行きます!

コメント頂ければうれしいっす!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロマガ購読者向けメールフォーム
ランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。